TOP > Activities「倶楽部活動」 > フォトコンテストー私とクルマと・・・ー 結果発表。

倶楽部活動 走るオンナ倶楽部の日々の活動をご紹介。

September2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ーNew articleー

フォトコンテストー私とクルマと・・・ー 結果発表。

【Category】フォトコンテスト2013 2013.11.18
こんにちは!走るオンナ倶楽部事務局です。
10月から、約2週間の投票を行い、走るオンナ倶楽部フォトコンテストー私とクルマと・・・ー の
コンテスト結果が決定しました!

全51作品、入賞22作品の中からみなさんの投票によって決定した
<走るオンナ倶楽部大賞>に輝いた作品はコチラです。

10★46-20130930.jpg
------------------------
●エントリー9
お名前
CAHAYA
タイトル
【映―はえる―】
コメント
CX-5の発表がされた時から、
憧れ続けていた車を、2年越しで手に入れました。
ドライブに出かけた、山頂で、初秋の夕陽の残光に映え、
一瞬浮かび上がった、CX-5のボディラインを切り取りました。
一瞬の光に、それまでのこの車に対する全ての想いが浮かび上がったような気がしました。

------------------------


 おめでとうございます♪♪女性票を多く獲得し、
かっこよさもありながら、シルエットがとても美しいCX5の様子が伝わってくる作品です。


続きまして、本コンテストの審査員である中元紀子カメラマンが選考した
<女性写真家賞>
 yoko.jpg
------------------------
●エントリー13
お名前
maru
タイトル
【女は愛嬌】
コメント
娘と二人、パン屋さんからの帰り道。急に静かになった後部座席を振り返ると、
先ほど買ったドーナツと砂糖だらけの笑顔がありました。
思わず吹き出してしまった瞬間を切り取りました。

------------------------

中元紀子カメラマンが選んだ理由は

「母親の目線ならではの、お子様とのコミュニケーションが様子やあたたかさが写真から伝わってくる、

作りものではなく、日々の暮らしを切り取ったとてもリアルな写真だからです」


続きまして、お客様の生活をより豊かにするクルマをお届けしたい!と、日々考えている商品企画部長が選んだ作品はこちら。

<商品企画部 部長賞>

14★27-20130923.jpg

------------------------
●エントリー19
お名前
Yoshiko
タイトル
【女心と秋の空】
コメント
ある時は夕日のように情熱的に。ある時はアテンザの
眼光のようにしたたかに。日々めまぐるしく変化する恋心。
いつの自分もホントの自分。いつの気持ちもホントの気持ち。

------------------------

商品企画部長 梶山さんがこの作品を選んだのは、

『夕暮れ時の空の光とマツダ アテンザが調和し、デザイナーが意図した通りのシグネチャー

(ランプのライン)が、撮影頂けた秀逸な一品! 

テンザのカッコよさを、情景とともに美しく切り取って頂いている!!』

からだそうです。

梶山さんもカメラを購入し、何度も同じような写真を撮ろうとされたそうですが、残念ながら、

こんなに素敵な写真は取れなかったそうです。梶山さんにとっては奇跡の一枚くらいの感動だったご様子です。



そして、最後はマツダ車の企画を担当している、商品企画部のプランナーによる投票で選ばれた

<プランナー賞>

4★44-20130930.jpg------------------------

●エントリー19
お名前
sasaki
タイトル
【藍白の日曜日】
コメント
憂鬱な月曜日を前に気分のリフレッシュを求めクルマと共に市内を
見下ろす高台の公園へ。心地よい秋分の風に吹かれながらストレッチ。
明日もあぐれっしぶ!

------------------------

当作品に投票した、プランナーコメントの一部をご紹介します。

『ドライブに出かけ、ストレッチしながら景色を眺めそこの空気を吸う。

心と身体をリフレッシュできる事が、クルマとの生活の理想的な一つの姿と、プランナーも考えています。』

クルマを企画しているプランナーが考えた世界観にマッチした一枚だったのですね!



以上、4作品がコンテスト優秀作品にえらばれました。

応募をしていただいた方、投票をしていただいた方、ありがとうございました!


そして、お伝えをしていた通り、

これらの優秀作品を含め、

入賞作品の21作品がひろしま美術館に展示されます!

★☆★☆★☆

期間:11月27日(水)から12月15日(日)

場所ひろしま美術館 地下階 講堂 (広島市中区基町3?2)

開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで) ※都合により変更となる場合があります。

入場料:無料

★☆★☆★☆

こちらの4作品はもちろん、入賞作品も含めた21作品が展示されています。

ショッピングの途中の寄り道にもぴったりな場所なので、ぜひぜひ皆様お立ち寄りください。