TOP > Activities「倶楽部活動」 > 【番外編】『夏休みスペシャル企画!女子学生限定!マツダ工場見学』参加者からのQ&A

倶楽部活動 走るオンナ倶楽部の日々の活動をご紹介。

April2018
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

【番外編】『夏休みスペシャル企画!女子学生限定!マツダ工場見学』参加者からのQ&A

【Category】メンバーズVoice 2014.10.31

こんにちは!【走るオンナ倶楽部】事務局です。

 

今回の『メンバーズVoice』では、8月に行われた『夏休みスペシャル企画!女子学生限定!マツダ工場見学』の際に、参加者のみなさんからいただいた質問についてお答えしちゃいまーす。質問は、工場のこと、マツダのこと、マツダで働くスタッフのことなど色々な内容があり、中には学生さんらしい質問もありました。

ぜひ、楽しみながら読んでみてください!

 

Q1、プレス工場(工場内の一部)は暑いですが、体調管理などはどのように気を使っていますか?

 

工場全体の作業ゾーンに風の流れを作り、熱気がこもらない工夫をしています。

「水分補給と適度な休息を心掛け、社員の体調管理を行っています。」

 

工場自体に熱がこもらない仕組みになっているなんて、さすが『ものづくり』の会社ですね。工場見学でも、熱中症対策についてしっかり配慮していただきました。

 

Q2、工場と本社の繋がりは、どんなことがありますか?

 

「性能だけでなくいかに効率的に製造できるかを考えることもとても大切で、そのために開発段階から工場も一緒になって検討していきます。

例えば、考えたデザインを忠実に実現するため、デザイン部門とプレス工場の担当者が話し合って調整したりしています。」

 

→こうやって、たくさんの人のアイデアや技術が詰まったクルマが出来上がるのですね。

 

Q3、工場以外にはどんな仕事がありますか?

 

「クルマづくりに関わる部門(デザイン、企画、設計、実験研究など)、販売に関わる部門(マーケティング、営業、広報など)、会社を支える部門(法務、財務など)、働く人を支える部門(人事など)ここには書ききれないほどたくさんの仕事があります。」

 

→今後は、また色々な部署の方にお話を聞いてみる企画もいいですね!

 

Q4、なぜマツダに入社しようと思ったのですか?

 

「大学の女性の先輩に話を聞いて、仕事が面白そうだと思ったから。また、話の雰囲気から長く仕事が続けられそうな気がしたから。」

「マツダのリクルーターの人の話が魅力的で、こんな仕事やってみたいと思ったから。」

「地元の企業だから・・・と当時は軽い気持ちで入社試験を受けました(笑)」

→『人』に魅力を感じて入社したいと思った人が多いようです。素敵な人は、素敵な人を呼ぶんですね!【走るオンナ倶楽部】のように・・・。

 

Q5、マツダに入社して良かったと思う瞬間はどんな時ですか?

 

「人との出会いに恵まれているなーと感じる時。社会人になったら出会いがないーという声も聞きますが、ここでは社内外を通して日々いろんな出会いがあり、その都度世界が広がる気がします。」

「気持ちのいい人が多い。もちろん業務の中では対立するシーンもあるけど、基本的にやさしい人が多く、見習いたい同僚・先輩・後輩がたくさんいます。」

「人との出会い。みんな人がいい。」

「いろんな経験ができる。」

「尊敬できる人に出会える。」

→【走るオンナ倶楽部】の活動でも素敵な出会いがたくさんありますよね!今後も、そんな出会いにご期待くださいね。

 

Q6、マツダの駐車場は他社の車だと駐車できないと聞きましたが、本当ですか?

 

お客さまの駐車場はマツダ車以外でもOKなのですが、社員駐車場はマツダの車だらけですよー。

→社員駐車場はマツダファンにはたまらないスペースです。展示会よりたくさん見れるのかな?(笑)

 

Q7、どんな車に乗っていますか?

 

「ベリーサです。今年で10年目を迎えますが、初めて開発に関わった車なのでなかなか手放せません。」

「アクセラ、ロードスターときて今はアテンザです。思えばずっとマツダ車!」

10歳のベリーサちゃんですね。新しいクルマも斬新なデザインや機能で魅力的ですが、1台のクルマを大事に乗るのもいいですよね。

 

Q8、社内ではどんな女性がどんな場面で活躍しているのですか?

 

「生産、開発、マーケティング、アドミ領域(総務関連業務)・・・。様々な分野で活躍しています。」

「その昔女性は補助業務中心・・・。といった時代もありましたが、現在は一担当者として男女関係なく活躍の場はたくさんあります。」

→マツダは女性が活躍する会社としても有名なんです。社内には、活躍している女性がたくさんいますよ!

 

Q9、アルバイトと就職では、何が違いますか?

 

「期待と責任が大きくなるような感じかな?特に社外の方と接する時、自分の発言や行動を「マツダ」として捉えられることも多々あり、自ずと自覚が生まれてくるような気がします。」

「目の前の仕事をちゃんとするという責任感に加えて、将来を見据えて今自分はどうしたらいいかを考えるようになったところ」

「仕事に対する責任感」

→学生さんらしい質問ですよね。就職に向けて期待と不安で胸がいっぱいで、でもキラキラ輝いているように見えました。

 

いかがでしたでしょうか?今回の工場見学を通じて、クルマにもっと興味が沸いたという方も多かったですし、【走るオンナ倶楽部】の会員になってくれた方もたくさんいました。

普段なかなか接することのない学生のみなさんと『働く』ことについて意見交換をしたり、『運転』について改めて考えてみるなど私たちにとっても貴重な機会となりました。

 

 

 次回は、「女性のストレス発散法」についてのお話です。

楽しみにしていてくださいね!