倶楽部活動 走るオンナ倶楽部の日々の活動をご紹介。

October2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Back Number : 2014年12月

1212日(金)に、マツダ株式会社本社にてフォトコンテスト「私とクルマと・・・」の表彰式を行いました。

 

今年は受賞者4名のうち、3名の方にご参加いただきました。


DSC_1006.jpg

まずは、【走るオンナ倶楽部大賞】を受賞されたエントリー№10のみみさん。

とっても華やかに、お着物でのご登場でした!


DSC_0915.jpg

みみさんの作品は、仕事帰りのご主人と月を見に行った時の瞬間を切り取った一枚。

プレゼンターの高辺からは

「この作品を見たときに、私自身が憧れる世界だなと思いました。疲れているけど、ちょっとドライブして帰るお二人の関係性や、みみさんのご主人に対する思いが込められた作品だと思いました。多くの倶楽部員さんが「こんなステキな夫婦になりたい」と思って、票を入れられたんだと思います。何気ない日常の一コマですが、それをHAPPYなシーンにしてくれる、そんな世界に連れていってくれるのがクルマなんだと、マツダ社員として嬉しくなりました。」

と、感極まって涙ぐみながらもしっかりと受賞ポイントをお伝えしました。

みみさんからは、

「この写真はコンテストに出そうと思って撮影したわけではないんです。たまたま満月がキレイな夜に仕事帰りの主人とドライブしていて、この瞬間を押さえたいと思って撮影した一枚です。私の大好きな主人と、主人が大好きなクルマ、そしてキレイな月。その3つが重なって、私の主人に対する気持ちが表現できたとてもいい写真になりました。結婚して数年が経つと、お互いに言葉でも態度でも気持ちを表さなくなるんですが、この写真を見て、主人が私の気持ちに気づいてくれたらいいなぁと思います。」

との素敵なコメントをいただきました。この作品は、ご主人への文字のないラブレターですね。多くの女性が共感した作品でした。

 

続いて【女性写真家賞】を受賞されたエントリー№6の松田 礼奈さんです。


DSC_0940.jpg

マツダのRX-8と出会ってから、大のマツダファンになった礼奈さん。昨年度のフォトコンテストにもご応募いただきましたが残念ながら受賞を逃し、次回のために写真を猛勉強されていたそうです。今回の応募作品は、大好きなエイト(愛車)と美しい天体を一緒に撮影された幻想的な作品でした。

審査員の中元さんからは、

「たくさんの写真の中から目に飛び込んできた作品でした。この状況を写真に収めるのは、カメラのことをよく分かっていないと撮れないレベルです。また、難しくても撮りたいと思う気持ち、クルマに対してそこまで注げる愛情が素晴らしいなと思い、女性写真家賞に選ばせていただきました。今日ご本人にお会いして、年頃の女の子が夜中にカメラを抱えて頑張ったんだと思うと、余計に感動しました。」

と温かいコメントをいただきました。

 

 

最後は【商品企画部 部長賞】を受賞されたエントリー№20Yuyu07さんです。

DSC_0950.jpg

プレゼンターは商品企画部の西岡部長です。

「この写真を見た後にコメントを読み、一瞬にして「コレだ!」と決めました。このロードスターは、お姉さんの形見だったんですよね。クルマを通して時間を超えて、お姉さんとご本人、そして娘さんへと想いが繋がっていく...。クルマが人と人を繋ぐ絆となることを、この作品とコメントで実感しました。そんな役割をクルマが担っていることは、クルマの創り手としてこれ以上の喜びはありません。まさにマツダの目指す方向性を写真とエピソードで表現してくださいました。」

この辺りでは、もう会場中の涙腺がゆるんでおりました。

 

また、残念ながら表彰式にはご参加できなかった【プランナー賞】を受賞されたエントリー№12のゆうタロさんの作品も、受賞のポイントをご紹介させていただきました。

図1.png

 レゼンターは商品ビジネス戦略企画部の長尾さんです。

「この作品には、私を含む多くのプランナー達が見て感じるものがありました。祖父母宅を訪れた帰り際のこの瞬間を切り取ることで、ここで一緒にご飯を食べたり話をして過ごした時間がかけがえのないものであることを感じさせてくれます。我々はクルマを通して多くの人の生活を豊かにしていきたい、多くの笑顔や感動を創り出したいと常々思っています。プランナー達に改めてその目的を感じさせてくれた一枚でしたので、「プランナー賞」に 選ばせていただきました。」

最後は恒例の記念撮影です。

DSC_0994.jpg

お越しいただいた受賞者のみなさま、どうもありがとうございました。

 

今回のフォトコンテストは2回目の開催でしたが、昨年度を大きく上回る応募数で、多くの方にご参加いただけました。

ご応募いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

スタッフ一同、大変うれしく思っております。

 

ドライブ中に出会ったワクワク、クルマを停めて見つけたドキドキ・・・。

女性とクルマの"とっておきの瞬間"を写真に撮って送ってもらったのですが、

応募作品すべてに素敵なストーリーがあり、とっておきの想いが詰まった作品ばかりでした。

 【走るオンナ倶楽部】としては、写真の技術だけでなく込められた想いをしっかりと受け止めて、これからもみなさまに喜んでいただける企画を考えていきたいと思います!




こんにちは。走るオンナ倶楽部事務局です。

先日、結果発表をしました『フォトコンテスト‐私とクルマと・・・‐』の優秀作品を含む入賞20作品の展示会を開催いたします。

 

場所は、昨年と同じ「ひろしま美術館」です。

20作品全ての写真に、タイトルとコメントをつけて展示します。

走るオンナ倶楽部の活動内容を紹介するコーナーもありますので、ぜひぜひ見に来てくださいね!


menbersvoice.jpg

★展示会について★

期間:20141210日(水)から201517日(水)

(※1229日から12日は休館日)

場所:ひろしま美術館 地下階講堂(広島市中区基町3-2中央公園内)

開館時間:9:00から17:00(入館は16:30まで)

入場料:無料




フォトコンテスト‐私とクルマと・・・‐ 結果発表♪

【Category】フォトコンテスト2014 2014.12.01

こんにちは!走るオンナ倶楽部事務局です。

 

みなさま、お待たせいたしました!!

『フォトコンテスト‐私とクルマと・・・‐』のコンテスト結果が決まりました☆

 

今年も素敵な作品ばかりでした。

応募総数95作品の内、入賞した20作品の中からみなさんの投票によって選ばれた【走るオンナ倶楽部大賞】は、コチラです!

 

【走るオンナ倶楽部大賞】

10 (533x800) (426x640) (266x400).jpg

●エントリー№10

【お名前】 みみさん

【タイトル】 「月とあなた」

【コメント】

車が大好きな夫ですが平日運転することはほとんど無く。満月がきれいと言われた夜に仕事帰りの夫を迎えにいっての一枚。仕事で疲れていたはずだけど月と夜景が見られるところまでドライブ。ワイシャツのままの夫が月を見ながらホッと寛いでいる様子をカメラに収めたいと思いました。ぼけたところがその寛ぎ感が出て好きな写真です。

 

みみさんの写真やコメントに込められた想いに共感した女性が多かったようですね。

 

コンテストの審査員である女性写真家・中元紀子さんが選ぶ

【女性写真家賞】はコチラの作品が選ばれました。

 

【女性写真家賞】

6.jpg

●エントリー№6

【お名前】 松田 礼奈さん

【タイトル】 「スペース・ファンタジー」

【コメント】

夏にエイトと一緒に山奥へ出掛けて天体観測をしてきました。夜の山頂は街灯もなく人もいなくて静かで真っ暗。『ここはたくさん星が見えるよ』と聞いていたので期待を胸に空を見上げるとそこには満点の星が広がっており肉眼でも天の川がうっすらと見えていてまるで宇宙空間。

生まれて初めて見る天の川に本当に感動しました。

ずっと見てみたかった憧れの星空と大好きなエイトとのツーショットです。

本当の宇宙には行けなくてもエイトはこんなにも素晴らしい場所へ私を連れて行ってくれる。エイトとならどこまでだって走って行ける!格好良くて頼もしい無限のシャトル。

 

 

日々お客様に満足いただけるようなクルマ作りを目指して商品の開発に取り組んでいるマツダ?商品企画部の部長が選んだ作品はコチラです。

 

【商品企画部 部長賞】

20.jpg

●エントリー№20

【お名前】 Yuyu07さん

【タイトル】 「ロードスターと秋桜と愛娘」

【コメント】

コスモスが綺麗な季節、ロードスターとコスモスを撮りたくて近所に娘とお散歩にでかけました。晴天と空色のボディとコスモスがとても綺麗でした。このロードスターは大好きな姉の形見でもあり、姉が大好きだった娘もこの車が大好きです。

娘がよい表情をしてくれました。

 

最後に、同じくマツダ?商品企画部プランナーが選んだ作品です。

 

【プランナー賞】

12.jpg

●エントリー№12

【お名前】 ゆうタロさん

【タイトル】 「また会おうね!」

【コメント】

大山の山奥で暮らす主人の祖父母。

私たち家族が訪れると、いつもニコニコで大歓迎してくれます。

帰りも「またおいでね」と毎回握手をして、車が見えなくなるまで見送ってくれるのがとてもうれしいです。

次はお正月に行くから、元気で待っててね!

 

 

どの作品も、撮影された方のクルマに対する想いがたくさん込められた素敵なものばかりでした。

 

各賞に選ばれた4名のみなさま、おめでとうございます!!

今回ご応募いただいたみなさま、投票に参加いただいたみなさまも本当にありがとうございました。


次週開催予定の表彰式の様子は、後日改めてお知らせさせていただきますね☆

 

--------------------------

入賞作品展示会のお知らせ

--------------------------

優秀作品4点を含む、入賞作品20点すべてを「ひろしま美術館」、東京・銀座「広島ブランドショップTAU」にてご覧いただけます!

お近くの方はぜひお越しいただければと思います。

●ひろしま美術館 展示会

期間:20141210日(水)から201517日(水)

(※1229日から12日は休館日)

場所:ひろしま美術館 地下階講堂(広島市中区基町3-2中央公園内)

開館時間:9:00から17:00(入館は16:30まで)

入場料:無料

 

●広島ブランドショップ TAU

期間:※現在調整中

場所:東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング