TOP > Activities「倶楽部活動」 > フォトコンテスト2015

倶楽部活動 走るオンナ倶楽部の日々の活動をご紹介。

February2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ーNew articleー

Category : フォトコンテスト2015

こんにちは。走るオンナ倶楽部です。

1月29日(金)に、マツダ()本社にて第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテストの表彰式を行いました。

当日は、受賞者のTOMOMIさん、みおさん、タキママさんにご参加いただきました。


まずは、今回の【走るオンナ倶楽部大賞】に輝いたsanaさんの表彰です。

№4.jpg

残念ながらsanaさんはご欠席でしたので、事前にいただいたコメントを代読させていただきました。

 

「この度は私の作品を大賞に選んで頂き、本当にありがとうございます!ノミネートされたみなさんの素晴らしい作品を拝見して、まさか自分の作品が選ばれるとは思っていなかったので、とても驚いています。

この作品は、長男の幼なじみでもあるお友達の七五三の時、移動中の車のミラー越しに見えた彼女の表情が印象的で、思わずシャッターをきりました。こんな風に大切なお友達のハレの日を撮れたこと、そしてその写真が、今回このような素晴らしい賞に選んで頂けたこと、本当に嬉しく思います。

本日の表彰式は仕事の都合で出席できず、とても残念に思います。いつか息子やお友達と一緒に、マツダミュージアムに遊びに伺いたいと思います。

最後になりましたが、投票して下さったみなさま、そして事務局のみなさま、

本当にありがとうございました!」

 

走るオンナ倶楽部の西田から、スタッフを代表してコメントさせていただきました。

「この作品からは、私たちマツダが目指す"Life with car"と呼んでいる、お客様の人生に寄り添うクルマ、その理想を垣間見せていただいたような気がします。多くの人生の節目に、家族がぎゅっと集まって過ごす車内は、実はかけがえのない瞬間がたくさん詰まった空間であることを再認識しました。この作品に出会えたことでスタッフ一同、お客様の大切な時間を共有させていただけるクルマ作りへの想いをより一層強くしました。ありがとうございました。」


次は、【女性カメラマン賞】を受賞されたTOMOMIさんの表彰です。

№20(修正).jpgプレゼンテーターは、審査員も務めていただいたグラフィックデザイナー・カメラマンの寺下のぞみさんです。


DSC_0119.jpg

TOMOMIさんから喜びの気持ちをいただきました。

「この作品に移っているロードスターは、見た瞬間に一目惚れして即購入を決意した、愛しの愛車です。納車後に出かけたドライブでは、まだこのフォトコンテストが開催されるかも決まっていない時でしたが、絶対にこのクルマで応募したい!と思って、ベストショットを撮影しました(笑)正確に言うと、一緒にいた友人に、この位置からこの角度で撮って!!と細かく指示を伝えて撮影してもらいました。大好きなロードスターと一緒に映った作品で賞をいただけて、本当に嬉しいです。撮影してくれた友人にも感謝ですね。」と喜びの気持ちをお伺いできました。

寺下さんからは、このようなコメントをいただきました。

TOMOMIさんの作品は、見た後にとても印象に残る作品でした。逆光を上手に活かして撮影されていて、白いクルマと作品の中のTOMOMIさんご本人のシルエットがとてもキレイに写っているところが素敵ですね。これからも、女性ならではの視点でこのような作品をたくさん撮影してくださいね。」

続いて、【商品企画部 部長賞】を受賞された、みおさんの表彰です。


№16.jpg

プレゼンテーターは、マツダ株式会社商品企画部の西岡部長です。


DSC_0130.jpg

みおさんからのコメントには、応募された際の裏話もありました。

「この作品は、フォトコンテストに応募しようと思って撮影したものではなく、普段よく主人とのドライブ中に撮影をされている中から、応募できる写真がないか探して応募しました。タイトルを考える際に苦戦していたのですが、その頃話題だったバック・トゥ・ザ・フューチャー2から閃いて『タイムマシン』と付けました。撮影した時には、フォトコンテストで賞をもらえるとは思ってもいなかったので、まさにこの作品が今日という素敵な日にタイムトラベルさせてくれました。ありがとうございました。」

西岡部長からのコメントです。

「私も普段走る道に同じような光景の場所があり、そこを通るたびに同じような気持ちを感じていました。この作品は、まさに私の気持ちを切り取ったかのような作品で、見た瞬間に非常に驚きました。私はタイムマシンではなく、宇宙船をイメージしていたのですが、走りながらワープしたような気持ちになるんですよね。クルマがクルマでなくなる瞬間がある。まさに、マツダはそのような価値を追求したいと思っています。」


最後に、【プランナー賞】を受賞されたタキママさんの表彰です。


№19.jpg

プレゼンテーターは、マツダ株式会社商品ビジネス戦略企画部の高田です。


DSC_0165.jpg

タキママさんからは、

「楽しい時も悲しい時も家族みんなでこのクルマに乗って過ごしてきたので、今回の賞は家族の絆を表彰していただいているようで嬉しいです。このクルマは主人が好きで決めたのですが、私が大好きな主人と、その主人が大好きなクルマと、私たち夫婦が大好きな娘が映っているこの写真は家族の宝物になりました。これからもこのクルマを通じて、家族の想い出をたくさん増やしていきたいです。」とのコメントをいただきました。

 

プレゼンテーターの高田からのコメントです。

「私たちプランナーは、クルマがお客様の生活にどのように入り込んでいるのか、どのようにお客様の生活を彩ってくれているか、という目線で作品を見させていただきました。この作品の素晴らしいところは、もちろんパパの表情もですが、おそらく助手席から2人を見ているママの気持ちを感じさせるところだと思います。写っていない部分に女性ならではのストーリーを感じて、選ばせていただきました。」

 

 

そして最後は、恒例の記念撮影です。

スタッフが持っているのは、今回ノミネートされた20作品です。

DSC_0208.jpg

今回も素敵な作品をたくさんご応募いただきました。

毎年、トキメク作品がありすぎて、ノミネート作品を選ぶのに迷いますが、

スタッフにとっては嬉しい悩みです()

 

ご応募いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!

そして、表彰式にご参加いただいたみなさまも、ありがとうございました♪


DSC_0219.jpg

今後も、みなさんにワクワクしていただけるような企画を色々と考えていきますね!


皆さま、こんにちは。

先日、結果発表しました「第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテスト」の作品展示会を行います。

受賞4作品を含む、ノミネート20作品全てに、タイトルとコメントを付けて展示いたします。

 

会場には、走るオンナ倶楽部の活動を紹介するコーナーもありますので、ぜひお立ち寄りくださいね。


走る女 更新済み.jpg


★展示会について★


期間:2016121日(木)から215日(月)

※特別展開催時を除く月曜日(祝日の場合は翌平日)は休館日

場所:ひろしま美術館 地下階講堂
(広島市中区基町3-2中央公園内)

開館時間:9:00から17:00(入館は16:30まで)

入場料:無料

 


展示会@東京について


期間:201628日(月)から310日(木)

場所:広島ブランドショップ TAU 階段ホール
(東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング) 

広島ブランドショップ TAU】のHPはコチラ  

入場料:無料


第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテスト 結果発表です!

【Category】フォトコンテスト2015 2016.01.08

みなさま、お待たせいたしました!

『第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテスト』の結果を発表します。

今年も多くの女性に、ドライブ中に出会ったワクワク、クルマを停めて見つけたドキドキを、素敵な写真に撮ってご応募いただきました。

 

はじめに、走るオンナ倶楽部メンバーの投票によって選ばれた
【走るオンナ倶楽部大賞】の発表です。

 

【走るオンナ倶楽部大賞】

№4.jpg

エントリー№4

【お名前】sanaさん

【タイトル】「ハレの日」

【コメント】

七五三の日。車の後部座席から、ミラーに写った少し緊張したような表情の彼女が見えて、なんだか微笑ましい気持ちになりました。

 

我が子の成長を見つめる母親の目線のようなアングルに、多くの倶楽部員さんが共感されたようですね。
sanaさん、おめでとうございます!

 

 

次に、フォトコンテストの審査員を務めていただいた寺下のぞみさんが選んだ

【女性カメラマン賞】の発表です。

 

【女性カメラマン賞】

№20(修正).jpg

●エントリー№20

【お名前】TOMOMIさん

【タイトル】「初めてのロングドライブ」

【コメント】

綺麗な夕日を見る為に、広島から福岡の糸島まで相棒くんに乗ってドライブへ行きました。
頑張って走ってくれた相棒くんに「お疲れさま」と声をかけ、心地よい波の音を聴きながら玄界灘の美しい夕日が沈むまでずっと一緒に眺めていました。 


逆光をうまく捉えた作品で、クルマを家族のように大切に想われているTOMOMIさんの気持ちがよく表れているところが評価ポイントでした。

 

続いて、日々、商品開発に取り組んでいるマツダ株式会社商品企画部の部長が選んだ【商品企画部部長賞】はコチラの作品です。


【商品企画部部長賞】

№16.jpg

●エントリー№16

【お名前】みおさん

【タイトル】「タイムマシン」

【コメント】

雪国の山道では当たり前のスノーシェルター。
関東出身の私にとって初めて見たときは不思議な感覚でした。
車で走り抜けるその景色が、まるで映画のタイムマシンのようで写真に残したくなりました。憧れたあの映画の様に実際に過去や未来に行けるわけではありませんが、視点を変えるだけでいつもと違う感覚になれる事を発見できた一枚です。

 

クルマが非日常のシーンを演出し、視点の切り替えによってタイムマシーンにも見えてくるという、人とクルマの関わり方の1つの好事例がとてもよく表現されている点が評価ポイントでした。

 

同じく、マツダ株式会社商品企画部のプランナーが選んだ
【プランナー賞】はコチラの作品です。


【プランナー賞】


№19.jpg

●エントリー№19

【お名前】タキママさん

【タイトル】「二人は仲良し」

【コメント】

いつもはお母さんがいいのー!と言ってばかりの娘ですが、もちろんお父さんも大好き。
お父さんにチャイルドシートに乗せてもらうと、お父さんにチュッ。
照れ笑いが隠せないお父さん、ますます娘にメロメロです。
恋人同士のような二人を見た瞬間でした。


日常の一瞬を切り取った作品で、クルマを通して素敵なファミリーライフが想像できる点や、見ている人をほのぼのした気持ちにさせてくれる点が評価ポイントでした。


どれも、女性ならではの視点で撮影され、クルマを通してグッと心が動かされた素敵な作品でしたね。
受賞された4名のみなさま、おめでとうございます!!
ご応募いただいた方も、投票にご参加いただいた方も本当にありがとうございました。


129日(金)には、受賞者の方をお招きしてマツダ株式会社にて表彰式を行います。
毎年、受賞者の方と直接お会いできる、私たちにとっても感動的な表彰式です。
今年の表彰式の様子も、またご報告いたしますのでお楽しみに♪


新年のご挨拶

【Category】フォトコンテスト2015 2016.01.04

走るオンナ倶楽部メンバーのみなさま、明けましておめでとうございます!

昨年は、フォトコンテスト「私とクルマと・・・」の投票にご協力いただき、ありがとうございました。

 

18日(金)には、いよいよ「走るオンナ倶楽部大賞」を始め、各賞の発表があります。

どの作品が選ばれるのか、楽しみにお待ちくださいませ♪

 

また、今年も皆さまと一緒に楽しく活動できるよう色々な企画を計画中ですので、どうぞよろしくお願いいたします!


jimukyoku2.jpgjimu3.jpg

こんにちは!走るオンナ倶楽部事務局です。


本日18時をもちまして、第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテストの
「走るオンナ倶楽部大賞」を決める投票を締切らせていただきました。

 

今回もたくさんの投票ありがとうございました。

 

今年度の「走るオンナ倶楽部大賞」に輝くのは、どの作品でしょうか!?

3賞の受賞作品も合わせて、201618日(金)10:00に、
このサイト上で発表させていただきます。

 

また、受賞された4名の方をお招きして、表彰式も行う予定です。


<表彰式>

場所:マツダ本社

日程:2016129日(金)

※詳細は、受賞作品の発表と合わせてお知らせします。

 

受賞作品の発表を楽しみにしていてください!


photokonn.jpg

こんにちは!走るオンナ倶楽部事務局です。

すっかり寒くなってきましたね。風邪などひかれていないですか?

 

さて、走るオンナ倶楽部フォトコンテストの「走るオンナ倶楽部大賞」を決める投票には、もうご参加いただけましたか?

 

1220日(日)18:00で投票締切となりますので、ぜひ投票をお願いします。

 

あなたが「クルマを通して心が動いた瞬間が表現できていてステキだな」と思う作品や、タイトル・コメントなどに込められた想いに共感できる作品をお選びください。

☆ノミネート作品発表の記事はコチラから☆

 

投票は、13作品までとさせていただきます。

 

 

投票は下記のリンクをクリックし、必要項目の入力をお願いします。

☆投票はコチラから☆

 

<投票締切>

12月20日(日)18:00

 

投票後、最多得票の作品を「走るオンナ倶楽部大賞」とさせていただきます。

また、他3賞の発表も同時に行いますので、楽しみにしていてください!

 

<受賞作品発表>

2016年18日(金)10:00

 

第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテスト 投票開始!

【Category】フォトコンテスト2015 2015.12.07

おはようございます!走るオンナ倶楽部事務局です。

 

いよいよ、「走るオンナ倶楽部大賞」を決定する投票を開始します!

 

先日発表したノミネート20作品のうち、あなたが「クルマを通して心が動いた瞬間が表現できていてステキだな♪」と思う作品や、「タイトル・コメントなどに込められた想い」に共感できる作品をお選びください。

☆ノミネート作品発表の記事はコチラから☆

 

投票は、13作品までとさせていただきます。

 

 

投票は下記のリンクをクリックし、必要項目の入力をお願いします。

☆投票はコチラから☆

 

<投票期間>

2015127日(月)10:00から1220日(日)18:00まで

 

投票後、最多得票の作品を「走るオンナ倶楽部大賞」とさせていただきます。

また、他3賞の発表も同時に行いますので、楽しみにしていてください!

 

<受賞作品発表>

201618日(金)10:00

 

こんにちは!走るオンナ倶楽部事務局です。

 

先日、第3回走るオンナ倶楽部フォトコンテストの選考会をマツダ本社にて行いました。

今年度は、グラフィックデザイナー・カメラマンの寺下のぞみさんを審査員にお迎えし、走るオンナ倶楽部事務局スタッフと共に、全応募作品の中から以下の視点でノミネート20作品を選考しました。

 

<選考の視点>

楽しさ・面白さ・驚き・切なさなど、クルマを通して心が動いた瞬間が表現できていること

★写真やコメント・タイトルに込めた撮影者の想いに女性達が共感できること

★クルマの一部が必ず写っていること


それでは、いよいよノミネート20作品を発表します!

ノミネート20作品に選ばれた皆さま、おめでとうございます☆

また、ご応募いただいた皆様もありがとうございました。

そして、走るオンナ倶楽部メンバーの投票によって、この中から「走るオンナ倶楽部大賞」が決定します!!

 

投票は、127日(月)10:00から、このサイト上で受付を開始します。

あなたが「ステキだな♪」と思う作品や、タイトル・コメントなどに込められた想いに共感できる作品をお選びください。

コンテストに応募されていない倶楽部員の方も投票可能ですので、ぜひご参加ください。

 

<投票期間>

2015127日(月)10:00から1220日(日)18:00まで


●ノミネート№1

タイトル
【寒い朝のミラクルハッピー】

コメント
年明けに友人達と車で九州を回り、熊本で宿泊した朝、出かける時に見つけてびっくり。
友人の車のボディが凍って雪の模様がキレイに現れていました。

№1.jpg 

●ノミネート№2

タイトル
【秋空のおもてなし】

コメント
埼玉県から熊本県の阿蘇へ旅行したときのことです。夕方、ドライブをしていると、みるみるうちに空いっぱいのうろこ雲に覆われ、夕焼け色に染まりました!思いがけず素敵な空に出会えて、車と撮影。遠かったけど、車で行ってよかったと思える瞬間でした。

№2.jpg 

●ノミネート№3

タイトル
【シャワワー♪】

コメント
パパが洗車でホースで水をかけていたら

娘が「シャワワー♪」(シャワーの意)とものすごいテンションで喜んでいました。

洗車というなにげない日常ですが、目を輝かせて喜んでいる姿をみてほんわかしました。

№3.jpg

●ノミネート№4

タイトル
【ハレの日】


コメント
七五三の日。車の後部座席から、ミラーに写った少し緊張したような表情の彼女が見えて、なんだか微笑ましい気持ちになりました。

№4.jpg

●ノミネート№5

タイトル
【せせらぎをBGMに】

コメント
家族でキャンプに行った時の一コマ。

早起きして一人コーヒーを味わっている主人を激写。

車を川に横付けできるキャンプ場ならではの風景。

子供たちはまだコテージの中でスヤスヤ。せせらぎだけが聞こえる静かな大人の時間。

№5.jpg

●ノミネート№6

タイトル
【ファーストドライブ―新しい命、家族を迎えた日―】

コメント
2015年6月7日 忘れられない、彼女とのファーストドライブの想い出です。

突然の別れを乗り越えて、新しい命を家族を迎えた感無量の日。
初対面の彼女だったはずなのに助手席にちょこんと座る姿は、ずっとそこが彼女の居場所だったかのようでした...。
まっすぐに私を見つめてくるその瞳をずっとずっと輝かせていてほしい。
一緒に幸せになろうね、むなちゃん。

№6.jpg


●ノミネート№7

タイトル
【ひかりかがやく】

コメント
キレイな夕焼けとクルマの光の動き(軌跡)が見事に光輝いていて、思わず撮らねば!と必死でカメラで撮っていました!ちょっと息詰まった時にふと立ち寄る、私の隠れスポットで撮りました。

№7.jpg

●ノミネート№8

タイトル
【秋がいっぱい】

コメント
紅葉を見に出かけ、帰り際に荷物をトランクに入れようとしたとき、リアガラスに写りこんだ風景が綺麗だったので撮りました。秋をリアガラスに閉じ込めました。

№8.jpg

●ノミネート№9

タイトル
【ピカピカにするよ】

コメント
車でのお出かけが大好きな我が家。ドライブ途中、サービスエリアに寄ったときに子どもたちが窓をピカピカに磨いてくれました。

№9.jpg 

●ノミネート№10

タイトル
【長旅の疲れ】

コメント
交代で運転して遠いところへ旅行した時、信号待ちのタイミングでふと振り返るとこんなことに。。遊んでもらってばかりの子どもの方は疲れ知らずのこの表情。対照的な姿が面白くてとっさにシャッターを切りました。写真に写っていない助手席では、ダンナが誰よりも爆睡していました。

№10.jpg 

●ノミネート№11

タイトル
【ぼく、ドライブえもんー】

コメント
ドライブをしていて、たまたま通った風力発電所をバックに撮ったところ、風車がまるでタケコプターに!そして車体の色も相まって、まさにドラえもんのクルマ版になりました()

今は手放してしまいましたが、5年間大事に乗ったクルマで、このドライブがラストランでした。どこを走っても振り向かれたり、声をかけていただくなど、愛されキャラだったので、思い出に投稿しました!

№11.jpg

●ノミネート№12

タイトル
【シャボン玉】

コメント
夏休みに家族で初めてキャンプに行った時の写真です。子供たちも前日からワクワク、ドキドキ。車にたくさん荷物を詰め込んで、高速道路を走って瑞穂まで。着いたのは、緑の深い山頂近くのキャンプ場です。大自然に囲まれて、子供だけでなく大人も忙しい日常から離れて、開放的な気分になりました。イベントでジャンボシャボン玉に子供たちと挑戦。風に乗って、ふわふわ飛んでくシャボン玉に子供たちも大興奮。私も童心にかえって、カメラで追いかけたときの一コマです。

№12(修正).jpg

●ノミネート№13

タイトル
【青い時へ】

コメント
晩秋の日曜日、主人と大好きな周南の工場夜景を見に行きました。
車を降り、展望台に向かおうとして振り向くと、厚い雲の底に夕焼け空が。
「この車にはぜったいこの色!」と選んだ愛車の白に夕日が映り、とてもきれいでした。
あわてて撮った写真はピンボケでしたが、それもまた一瞬のブルーアワーのとろけるような色合いにマッチして気に入っています。

この日はずっと曇り空。
思いがけず出会えたきれいな夕焼けに、車も笑顔、ほっこり寛ぎの時間を過ごすことができました。

№13.jpg

●ノミネート№14

タイトル
【君と遠くへ】

コメント
苦手だった運転も、息子と遠くに出かけたくて、今では得意になりました。

乗ってくれてありがとう。乗せてくれてありがとう。

「季節を探す小さな旅」をいつの日か、眩しく思い出したいです。

№14.jpg

●ノミネート№15

タイトル
【紅葉と車のコラボレーション】

コメント
紅葉のベストシーズンを過ぎていた中、ボンネットに映り込む枝に落葉を重ね......新しい紅葉の楽しみ方を、見つけました♪

№15.jpg

●ノミネート№16

タイトル
【タイムマシン】

コメント
雪国の山道では当たり前のスノーシェルター。

関東出身の私にとって初めて見たときは不思議な感覚でした。
車で走り抜けるその景色が、まるで映画のタイムマシンのようで写真に残したくなりました。
憧れたあの映画の様に実際に過去や未来に行けるわけではありませんが、視点を変えるだけでいつもと違う感覚になれる事を発見できた一枚です。

№16.jpg

●ノミネート№17

タイトル
【夕刻の流れ星におまじない】

コメント
新品のカメラを持って夕焼けの写真を撮りにドライブに出掛けたのに天候に恵まれず雲の多いどんより空。

今日は良い写真が撮れないかも...半ば諦め気味に愛車と空にカメラを向けて待っていたら雲の中へ消えていく一筋の飛行機雲。優掛け色の空に棚引く雲は一足早い流れ星のようで思わず願い事を唱えながらシャッターを切ってしまいました。
"大好きな愛車とずっと一緒にいられたらいいな"

夕闇に溶けていく愛車のボディと流れ星みたいに棚引く飛行機雲がお気に入りの一枚です。

№17.jpg

●ノミネート№18

タイトル
zoom zoomなひととき】

コメント
写真仲間と写真を撮りにいくとき、よく愛車のロードスターを使います。この日は夜景を求めて呉へ。高台から見る夜景がとてもきれいで、それをバックにペンライトで写真仲間と文字を書いて遊んでみました♪ 写真仲間やロードスターと過ごす時間は私にとっていつも新しい感動を与えてくれるかけがえのない時間です。

№18.jpg

●ノミネート№19

タイトル
【二人は仲良し】

コメント
いつもはお母さんがいいのー!と言ってばかりの娘ですが、もちろんお父さんも大好き。お父さんにチャイルドシートに乗せてもらうと、お父さんにチュッ。照れ笑いが隠せないお父さん、ますます娘にメロメロです。恋人同士のような二人を見た瞬間でした。

№19.jpg

●ノミネート№20

タイトル
【初めてのロングドライブ】

コメント
綺麗な夕日を見る為に、広島から福岡の糸島まで相棒くんに乗ってドライブへ行きました。
頑張って走ってくれた相棒くんに「お疲れさま」と声をかけ、心地よい波の音を聴きながら玄界灘の美しい夕日が沈むまでずっと一緒に眺めていました。

№20(修正).jpg

こんにちは。走るオンナ倶楽部事務局です。

 

本日18:00をもちまして、第3回フォトコンテスト「私とクルマと・・・」の応募を締切らせていただきました。

今年もたくさんの方々にご応募いただき、誠にありがとうございました!

 

ドライブ中に出会ったワクワク、クルマを停めて見つけたドキドキ・・・。

応募作品全てがクルマとの"とっておきの瞬間"が切り取られていて素敵な写真ばかりでした。

どの作品が「走るオンナ倶楽部大賞」に輝くのか、今からとても楽しみです。

 

これから厳正なる審査を行い、ノミネート作品を20点選ぶ予定です。

ノミネート作品に選ばれた方には事務局から直接ご連絡させていただきます。

そして、ノミネート20作品の中から走るオンナ倶楽部メンバーの投票によって「走るオンナ倶楽部大賞」が決定いたします!!

 

<ノミネート発表>

2015124日(金)

<投票期間>

2015127日(月)10:00から1220日(日)18:00まで

 

投票は、このサイト上で行います。

また、コンテストに応募されていない倶楽部員の方も投票にご参加いただけます。

 

まずは、ノミネート発表を楽しみにしていてくださいね!!


こんにちは。走るオンナ倶楽部です。

 

現在開催中のフォトコンテスト「私とクルマと・・・」の応募締切が近づいてまいりました。

みなさま、応募はもうお済みですか?

まだの方は、ぜひ今からでもクルマとの"とっておきの瞬間"を撮影してご応募くださいね!

 

すでにご応募いただいた方も、お13作品まで応募が可能です。

他にも素敵な写真がありましたら、ぜひ追加でご応募くださいね!

 

家族や友人の愛車など、ご自身で所有されていないクルマとのお写真でもOKですので、お気軽にご応募ください!マツダ車でなくてもご応募頂けます。

 

 

<応募締切>

1130日(月)※18:00まで

 

コンテストの詳細は下記画像をクリックして、フォトコンテストスペシャルページをご覧ください。

hashiru2.jpg

みなさまのご応募、お待ちしております!