倶楽部活動 走るオンナ倶楽部の日々の活動をご紹介。

October2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Back Number : 2017年2月

第4回走るオンナ倶楽部フォトコンテスト 結果発表です!

【Category】フォトコンテスト2016 2017.02.01
みなさま、お待たせしましたー!

第4回走るオンナ倶楽部フォトコンテストの結果を発表させていただきます。

今回は、どの作品が大賞に選ばれたのでしょうか?
ドキドキ、ワクワクしながらご覧ください♪

まずは『走るオンナ倶楽部大賞』の発表です!
先日発表したノミネート10作品のうち、倶楽部員の投票によって最多得票を獲得したのはこちらの作品でした。

【走るオンナ倶楽部大賞】


●エントリー№8

2016-8.jpg
【お名前】 
coco.bk5pさん

【タイトル】 
「夕焼けと観覧車」

【コメント】 
マジックアワーと観覧車を背景におさめたくて、撮影しました。
ドライブする楽しみだけじゃなく、素敵な場所や人との出会い
たくさんの楽しみや縁を繋いでくれる素敵な相棒です。


幻想的な夕焼雲の色合いと、赤いクルマとのグラデーションが美しい作品ですね。
今にも動き出しそうな相棒くん達との一瞬に、共感した女性が多かったようです。
coco.bk5pさん、おめでとうございます!
これからも、素敵な場所や人に出会いにたくさん出かけてくださいね。


続いて、『井原慶子賞』の発表です。
日本を代表する女性レーサーの井原慶子さんに選んでいただきました。

【井原慶子賞】

●エントリー№2


2016-2.jpg【お名前】  
えみゅーさん

【タイトル】 
初めてのレース観戦

【コメント】 
大分のオートポリスで行われた「スーパー耐久レース」
震災後のレースという事で特別な思いもあり、念願だったレース観戦にやっと行くことが出来ました。
テレビで見るレースとは違って迫力あるエンジン音に興奮。
また、自分の乗っているデミオのディーゼルが参戦していることに更にドキドキが止まりませんでした。
このレース観戦で改めて自分の乗っている車に愛着が湧いた瞬間でした。

井原さんは、2015年からマツダの協力の元「FIA Wommen In Motorsprt」の一環として、日本人女性のモータースポーツへの参加を推奨する活動をされていらっしゃいます。
えみゅーさんのように、女性がレース観戦をしたりモータースポーツへ興味を持ってどんどん参加してほしいという想いで、この作品が選ばれました。


次は、『女性カメラマン賞』の発表です。
グラフィックデザイナー・カメラマンの寺下のぞみさんに選考いただきました。

【女性カメラマン賞】

●エントリー№1

2016-1.jpg
【お名前】  
ひーちゃん

【タイトル】 
天体観測

【コメント】
9月頃の天の川は比較的早い時間に観測できるので、子供たちに天の川を見せたくて光害の少ない山の中まで車を走らせました。この日は雲も少なく夜空に浮かぶ一筋の白い川を観測することができました。

寺下さんも小さい頃、クルマでいろいろな所に連れていってもらったそうで、その記憶は今でも鮮明に覚えているとか。夏にしか見ることができない、体験できない景色を、大人になっても愛車と一緒に覚えていてくれていたらいいなぁという気持ちを込めて、この作品が選ばれました。


次は、『アンフィニ広島賞』の発表です。
株式会社アンフィニ広島で働く女性スタッフの方に選考していただきました。

【アンフィニ広島賞】

●エントリー№6

2016-6.jpg【お名前】  
kkk

【タイトル】 
初乗り

【コメント】
娘が生後1か月のとき、初めて愛車に我が子を乗せました。気持ちよさそうにすやすや眠ってくれていたので、 乗り心地はよかったようでした。 

株式会社アンフィニ広島では、「愛車は家族」というキャッチコピーがあるそうです。kkkさんの愛車がまるで娘さんを抱っこしているようで、クルマも大切な家族の一員という印象が伝わってくるこの作品を選考いただきました。


最後に『KART PISTA HIROSHIMA賞』と『Sport Land TAMADA賞』の発表です。

【KART PISTA HIROSHIMA賞】

●エントリー№10

2016-10.jpg【お名前】  
このみん

【タイトル】 
あずきくん、この後スタックする。

【コメント】
地元・広島の浜辺で、走れそうな浜辺で遊んでましたが、見事この後身動きが取れなくなり、父親に助けを求め ました。
スコップ&ジャッキ&段ボールと浜辺に捨ててあった木の板でなんとか救出されました!
両親には「ちゃんと浜辺に降りるときは、まず足で確かめなさい」「どの浜辺も渚ドライブウェイじゃないのよ」と一 言ずつお小言を頂戴しましたが、なぜ浜辺で走ろうと思ったのか、を責めないあたりが理解ある両親だと思った 瞬間でした!

あずきくんを無事に救出できて良かったですね(笑)
サーキットでは、ぜひ安全運転で走行を楽しんでくださいね。


【Sport Land TAMADA賞】

●エントリー№3

2016-3.jpg【お名前】  
ふじもと まゆみ

【タイトル】 
彩(いろどり)

【コメント】
今年の9月の広島はほとんど毎日雨が降っていました。
お出かけの帰り道にこの日も雨が降り出し、しかも渋滞にはまってしまいました。
ふと、フロントガラスに映るテールライトの光がキラキラと綺麗・・・
娘が運転してくれていたので撮ることができました♪
渋滞が楽しいと思ったのは初めてでした(笑)

 
雨降りだと渋滞したり、出かけるのが億劫になりがちですが、そんな日に車内から素敵な瞬間をおさめてくださいました。娘さんと一緒に、ぜひサーキットにも行ってみてくださいね。



受賞された皆さま、おめでとうございます!
また、ご応募いただいた皆様、投票にご参加いただいた皆様も大変ありがとうございました。

今回ノミネートに選ばれた10作品は、ひろしま美術館にて展示を予定しております。
お近くにいらっしゃる機会がありましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。

*ノミネート作品の展示について*


【展示期間】 2017年2月11日(土)から3月26日(日)

【展示場所】 ひろしま美術館 回廊パネル
        (広島市中区基町3-2)

【開園時間】 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
        ※毎週金曜日は、19:00まで開館

※回廊パネルをご覧いただくには別途、入館料が必要です。
一般 1,300(1,100)円/高・大生 1,000(800)円/小・中生 600(400)円
( )内は、前売りおよび団体(20人以上)の料金。