TOP > Member「走るオンナたち」 > 【HASHIRU-ONNA.18】吉田 紘子さん

走るオンナたち 走るオンナ倶楽部員の走るオンナっぷりをアピール中。

top
HASHIRU-ONNA.18

name.

吉田 紘子さん

愛知県在住

走るオンナNO.18
吉田 紘子さん
2.JPG

走るオンナたち№18は、愛知県在住の吉田紘子さんです。

 

吉田さんは、【走るオンナ倶楽部】発足当初からの倶楽部員さんで、広島で開催されるイベントにも遠方から駆けつけてくださるほどのマツダファンだとか。その吉田さんと愛車との様子をお伺いしました!

 

運転歴は?

8年です。運転免許は、シフトチェンジするその動作のかっこ良さや「クルマを操っている」感じにあこがれてMTで取りました。自動車学校で毎回、教習車に乗る度に、とても緊張していたのをつい昨日のことのように覚えています(笑)

 

今まで乗ってきたクルマはどんなクルマですか?

免許を取って1年ほどは、母から譲り受けたダイハツのムーヴに乗っていました。でも、どうしてもFRMT車に乗りたくて、NCロードスターを購入しました。

 

今乗っているクルマは?

NDロードスターです。NDが予想以上にイイ車だったので、3月の先行商談予約を申込み納車されてからは、NDとの毎日を楽しんでいます。ちなみに、ボディカラーはソウルレッドプレミアムメタリックです。新色のセラミックメタリックと随分悩んだのですが、やはりここは広島カープの色、もとい()マツダのコンセプトカラーであり唯一の匠塗であるソウルレッドに決めました。

photo1-2.jpg≪愛車のロードスターとのツーショット≫

 

今のクルマに乗り始めて、ご自身の生活で変化はありましたか?

ロードスターと出会って、本当にいろいろな変化がありましたが、その中でも特に大きな変化は2つありました。1つ目は、生活の中心がクルマ一色になったと言っても過言ではないほど、大のクルマ好き、マツダ好きになったことです。クルマやマツダのイベントは常にチェックして、可能な限り足を運ぶようにしています。2つ目は、ロードスターに乗っていると、どんな道でも走ることへのワクワク感、ドキドキ感を感じることができるんです。だから、そんな走る喜びや楽しさを教えてくれた愛車を自慢したくて(笑)、クルマで遠出することが増えました。それにより、行動範囲も広がり、様々な出会いが増えたように感じます。

7-3.JPG≪御殿場での新型ロードスターのイベントに参加し、
幌の開閉体験をした時の写真≫

 

今のクルマの好きなところ、気に入っているところは?

マツダが掲げている「人馬一体」というコンセプトどおり、いつでもどこでも手軽に走る喜びを感じられるところです!また、車内は乗っていてとても落ち着く空間なので、ついついクルマで寝てしまうことがあります。この話を人に話すと「よく狭い空間で寝られるね。」と驚かれますが、私にとってはクルマの中は最高の癒し空間なので、ぜひ機会があれば他の方にも試してもらいたいですね!

 

クルマや運転が好きになったきっかけは?

はっきりとクルマが好きだと認識したのは、運転免許を取ってからだと思います。それまでは、車種名やクルマの仕組み等は全くわからないままに、ぼんやりと「スポーツカーってかっこいいなぁ。」、「エンジン音が気持ちいいクルマが多いなぁ。」なんて思っていました。運転免許を取ってからは、いわゆる走り屋が登場する漫画やアニメを観て、運転に興味がわきました。その後、クルマについてもっと知りたくて、関係する本を読んだり、テレビ番組などを見たりするようになり「クルマを知ればこんな走りができるんだ!」と、どんどんクルマに惹かれ、好きになっていきました。また、クルマ好きな人が近くにいたことも影響して、クルマの構造や運転技術について教えてもらったりしていました。やはり、かっこいいクルマに乗るからには、そのクルマに相応しい、そのクルマに恥じない運転者でありたい、そして安全安心の楽しい運転ができるようになりたいと思い、日々ステアリングを握っています。

 

クルマとの面白いエピソードや、特に記憶に残っている出来事などはありますか?

走りに興味を持つきっかけになった漫画に登場する道路やスポットを巡る旅をしたことでしょうか。GWの連休に軽井沢を皮切りに、日光まで各地をドライブしたことはとても良い想い出です。ただ、その場所を走ることが目的だったので、観光はほとんどしていませんが(笑)。また、クルマ関係のイベントやプレゼント等に応募すると、ほぼ100%と言っていいくらい当選しています。「クルマ愛が強いからかなぁ。」、「クルマに呼ばれているのかなぁ。」などと勝手に思っています。

7-2.png

≪岡山で行われるマツダファンフェスタに当選し、
もちろんロードスターで参加≫

 

お気に入りのドライブスポットや、よくクルマで出掛ける場所はありますか?

天気の良いときは、目的地を少し遠くに設定し、走って気持ちの良い道を探しながらドライブしています。また、美味しいものに目がないので、食べてみたいものを発見すると我慢できずにお店まで出向き、食べ歩いて帰ってくるということもしばしばあります。

 

今の暮らしの中でハマっているものはありますか?

数年前からカメラに凝っています。大好きなカメラメーカーは富士フィルムです。人の肌の色や、木などの自然の色がとってもきれいに出るんです。カメラを好きになったきっかけは、撮った写真を嬉しそうに見せてくる人の姿があまりにも楽しそうでキラキラ輝いて見えたからだと思います。カメラってそんなに楽しいものなの?という疑問から、私もカメラ撮影に凝り始めました。写真の撮り方を勉強すればするほど、カメラは奥が深いと思い知らされていますが、いい写真を撮るべく日々シャッターを押しています。

 

吉田さんにとって、愛車とはどんな存在ですか?また、愛車との付き合い方なども教えてください。

私にとってロードスターは、相棒です。嬉しいことや悲しいこと、楽しいことや悔しかったことなど、本当にたくさんの時間を共に過ごしてきました。ロードスターを運転することによって、その時の運転状態などから自分自身を客観的に見つめ直せたり、ドライブすることによって、まるでロードスターが私を遠くに連れて行ってくれている感覚になります。もちろん、愛車の健康状態をチェックし、できる限り速やかにメンテナンスを行うよう心掛けています。

 

今後、挑戦したいことはありますか?

クルマとカメラについて、一から勉強し直したいと思っています。仕事があまりに忙しく、あまりまとまった時間が取れない状態ではありますが、もっともっと好きなものを極め、目一杯楽しみたいです!また、これは夢なんですが、愛車で日本全国を回りたいです!

9.JPG

≪愛知県から愛媛県の道後温泉までの旅行も、
もちろん愛車のロードスターで!≫


最後に、走るオンナ倶楽部のみなさんにメッセージをお願いします。

私はクルマを好きになって、いろいろな世界が広がりました。人との出会いや素敵な場所に巡りあえたり・・・。たくさんの経験をさせてもらえたことに感謝しています。やはり、何事もおそれずにチャレンジする心が大切なんだと気付かせてもらえました。そんな素晴らしい経験をすることができるひとつの方法として、クルマがあると思います。クルマは単なる移動する箱ではなく、きっとたくさんの夢が詰まった乗り物です。運転が好きでない方もいらっしゃるかと思いますが、クルマを運転するだけが楽しいわけではなく、助手席や後部座席に乗って誰かとお出かけするだけでも十分楽しいと思います。クルマによって自分らしく生きることができる。人生をより楽しく、充実させてくれる乗り物。まさに、マツダが提案しているカーライフそのものだと思います。おそらく、この【走るオンナ倶楽部】を見ていらっしゃる方は、多くがクルマに興味のある方だとは思いますが、一クルマ好きとして、もっと多くの人にクルマの楽しさや面白さを知ってもらいたいです。

10.JPG≪海岸をクルマで走ることができる、
石川県の千里浜なぎさドライブウェイにて≫

 

**********************************

 

「クルマはたくさんの夢が詰まった乗り物」という表現が、とっても印象的でした。

ロードスターをこよなく愛し、大切にされていらっしゃる様子がよく伝わってきましたね。

癒されたい気分の時は、ぜひ車内で寝てみたいと思います。

吉田さん、素敵なメッセージをありがとうございました!