TOP > Member「走るオンナたち」 > 【HASHIRU-ONNA.9】瀬川 典子さん

走るオンナたち 走るオンナ倶楽部員の走るオンナっぷりをアピール中。

top
HASHIRU-ONNA.9

name.

瀬川 典子さん

広島県在住

走るオンナNO.9
瀬川 典子さん


IMG_9790.JPG


走るオンナ倶楽部員の紹介№9は、福山市出身の瀬川典子さんです。

瀬川さんは、車好きが高じて、何と人生のパートナーまで見つけてしまったというエピソードをお持ちの女性です。その愛車との出会いから、普段の過ごしかたまで、1人と1台で繰り出す"せがわーるど"を取材させていただきました!

運転歴は?

17年です。うち2年はペーパードライバーでした。

 

現在乗っていらっしゃる車は?

ワーゲン ポロ(9N)GTIです。すごくお気に入りで、どこに行くのも一緒なので私の執事のように"ポロ爺(G)"と呼んでいます(笑)

 

そのお車を選んだ理由は?

高校生の頃、たまたま見ていた雑誌に載っていた『ゴルフ』に一目惚れしたんです。「大人になったら絶対、この車に乗りたい!!」って思って、社会人になってからは"ゴルフ貯金"もしていました。そして、いよいよ貯金も貯まり憧れだった『ゴルフ』を買おうと思ってディーラーに行ってみたんですが、なんだか思っていたより車体が大きくて、ちょっとイメージと違ったんです。それで、ネットでいろいろ見ているうちに、2度目の一目惚れをしたのがこの車でした。


マニュアル車なんですよね?

はい。この車の前はAT車に乗っていましたが、「今マニュアル車に乗っておかないと運転できなくなりそう」と思って購入を決めました。もともと運転も好きだったから、もうこの車にハマってしまって(笑)。加速した時のハンドルの重みや、スピードを出しても安定感のあるボディなど、マニュアル車ならではの運転を楽しんでいます。

 

他に今の車の気に入っている点はありますか?

実は、"走り屋"と思われがちな私ですが、この車の気に入っている点は"見た目"なんですよ。まるっとしたボディや、インナーブラックで潤んだ涙目のように見えるヘッドライト、座り心地のいいシートも実はチェック柄でかわいいんです。そんなキュートな見た目によらず、走ると結構速いっていうギャップもお気に入りポイントですね。

 

今の車に乗るようになって、生活などに変化はありましたか?

一番の変化は、行動範囲ですね。結構、インドアな趣味が多かったんですが、この車に乗るようになってからはメーカー主催のイベントなどにも参加するようになって、日本中いろいろなところに行きました。そこで知り合った友人たちと出掛けたり、サーキットトライアルに出場したりと、どんどんアクティブになりましたね。主人とも、車のイベントで知り合って交際が始まったんですよ。

DSCF0117.JPG          富士山をバックに記念撮影

 

よく行くドライブスポットなどはありますか?

ドライブスポットというか、どうせなら全都道府県を制覇しようと思って、現在攻略中です。南は熊本、北は宮城まで制覇しました!各地で観光も楽しいですが、いろんなサーキット場で走るのも楽しいんですよ。もちろん、記念撮影は"ポロ爺"が主役です(笑)

Navi.JPG

宮城県に行った時の帰りのナビ画面。なんと走行距離1,048km、所要時間13時間41分!?


MtAso.JPG

           阿蘇山の近郊にて


車以外で好きなことは何ですか?

もともとお家でまったり過ごすのが好きなんです。海外ドラマを見たり編み物をしたり・・・。ちまちまと細かい作業をするのが得意で、最近はラインストーンで車のエンブレムを装飾しました。正面から見た時に、キラキラ輝くエンブレムがまた、カワイイんですよ。あ、結局また車の話になってますね(笑)

Deco_01.JPG

   ひとつひとつラインストーンを丁寧に貼っていきます。


Deco_02.JPG

  完成したエンブレムがコレ!ゴージャスな仕上がりです


今度、乗ってみたい車はありますか?

ポルシェは永遠の憧れですね。乗ってみたいけど、手に入るはずもなく・・・。四国の自動車博物館で展示してあったアンティークカーを見た時には、ため息が出るほど美しいフォルムでしたよ。現実的には、いつか『マーチNISMO』を運転してみたいです。NISMOとはNISSANのモータースポーツチームがレース用のマシンやパーツを開発してきたレーシングブランド。そのこだわりをコンパクトカーに詰め込んでもっと多くの人にモータースポーツを楽しんでもらいたい、と開発された車です。いつかこの車でサーキットを走ってみたいなぁと思います。


PORSCHE356_01.JPG

憧れのポルシェ。写真は60年代のアンティークカーだそうです。


最後に、瀬川さんにとって愛車とは?

今の車は、私にとって我が子同然です。いなくなったらって想像しただけで泣いちゃうくらい、愛していますね。でも結構扱いが大変で、乗りこなせているかと言われたら、今は私の方が運転させてもらってるって感じもします。これからもっと上手に運転できるようになって、早く対等な関係になりたいです(笑)


************************************

取材中も、終始ポロ爺を愛おしそうに眺める瀬川さんでした。ご主人も車に焼きもちを焼きそうですね。そして取材終了後は、素敵なエンジン音を鳴らして、颯爽と走って行かれたのでした。 瀬川さん、ありがとうございました!